スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治体の木造耐震設計の報告

この8ヶ月間、ある自治体のモデル地区で木造の耐震診断・設計に関わっていましたが、担当した数件の成果品をやっと提出いたしました。

1995年の阪神・淡路大震災では、人命の90%以上が建物の倒壊による圧死で失われたといわれます。
以降、耐震診断・補強設計に力が注がれ、木造住宅でも新たな研究や実験、大幅な見直しなどにより、平成16年に現行の基準が出されています。

平成16年以降、自治体では阪神・淡路大震災で特に甚大な被害を受けた、昭和56年5月以前の旧耐震基準の既存木造住宅に対して、補助金事業として耐震化支援事業が行なわれています。
しかし現行の耐震基準に不適合な住宅は約1400万戸にのぼり、このうち多くを木造住宅が占めているようですが、木造住宅の耐震化はなかなか思うように進んでいません。

このような状況の中、ある自治体で耐震化促進のために試行的にいくつかのモデル地区を設定し、耐震化支援事業の説明会・戸別訪問をはじめとした申込者の募集と、耐震診断・設計が実施されました。
当方も木造の耐震診断・設計は初めてでしたが、縁あって参加いたしました。

設計者も事務所協会の中から20数社の意匠設計チームを組み、数人の専門家による構造審査チーム、事務局、自治体の数人の担当職員の方を含んで、皆さん大変な労力でしたが、何度も協議を重ねながら作業してきました。

今までの作業や検証は、ISOではありませんがマネジメントプロセスやテクニカルプロセスについて、今後いろいろな意味で客観的な成果が期待できると思われます。
(まだ全体の作業が終わっているわけではありませんが)

モデル地区耐震化支援事業は、今年度も継続して行なわれる予定です。

モデル地区以外でも、東日本大震災のあと木造耐震診断の依頼が急増しています。

東日本大震災は桁違いの規模ではありますが、津波や原発の被害があまりにも甚大なことから、建築の耐震基準に対する見直しもあると思われますが、まだまだ時間がかかるでしょう。


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

相互リンクの件

初めまして、「太陽光発電とは?」の管理人ハルパパと申します。


今回、是非とも貴方様のサイトと相互リンクして頂きたく思いメール致しました。
お忙しい中、大変恐縮ですがご検討のほど宜しくお願い致します。


当サイトには既に貴方様のリンクを下記にて貼らせて頂いております。
http://www.taiyokotowa.com/links/

当サイトの情報は下記のようになっております。


サイト名:太陽光発電とは?
URL:http://www.taiyokotowa.com/
紹介文:太陽光発電とは太陽の日差しを電気に変えるソーラー発電です。


-------------------------------------
太陽光発電とは?    

管理人ハルパパ

harupapa0731@yahoo.co.jp
-------------------------------------

相互リンクの件

アクセスどうもありがとうございます。


エコロジーが本格的な動きとなってきて、この分野の新たな情報が特に必要と思っています。
さっそく相互リンクさせていただきます。
その他、当方の情報はHPをご覧いただければ幸いです。


当方はブログをはじめたばかりでまだ要領を得ないところもありますが今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

taka276

Author:taka276
(有)楠建築設計事務所です。
ぜひホームページも合わせてご覧ください。
http://kusuarc21env.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。