スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の引越し

こんばんは、Yuです。
またまた更新がストップしてしまいました。先月末に引越しをして、荷運びや事務手続きでてんやわんやだったのです。

フランスに来てから2度目の転居。パリ市内から郊外にやってきました。システマティックで情報も多いパリに比べると郊外は役所関係の手続きがアナログというか、足を運ぶ回数が増えるので面倒くさくなります。滞在許可証の更新など、先が思いやられますね(^^;)
おまけにストライキで電車が間引き運転されたり、パリ市内の一部地区ではゴミ収集が行われずひどい有様だったり、大雨でセーヌ川が増水して駅が閉鎖されたりと、夏のバカンスを前にして街全体もカオスです。明日からEURO 2016(サッカー欧州選手権)も開幕するのですが、どうなってしまうんだ。

先日、ノートルダム大聖堂で開かれたOrchestre de chambre de Paris(Ensemble orchestral de Paris から改称。とりあえず和訳としては旧称にもとづく「パリ室内管弦楽団」のままにしておきます…変える必要はなさそうですが。)のコンサートへ行ってきました。大雨が降ってセーヌ川が増水するよりも前の時期のことです。

IMG_2336.jpg


フォーレの《レクイエム》、《ジャン・ラシーヌの雅歌》そしてJames MacMillan(1959- )という現代作曲家による《クレド》(2011)という演目でした。

聖堂で聴くフォーレは音楽ホールで聴くものとはまた全然違った響き。後ろの客席だと舞台は見えづらいという難点はありますが、この作曲家の様式を音響面から確認するのには打ってつけの環境でした。確認といったって、あくまでも主観的な感覚頼りなのですが。

IMG_2339.jpg

楽団のページで演奏家によるルポも公開されていました。
ビデオ

やっぱり、この聖堂でこの演目を取り上げるというのは、結構レアな機会のようです。

Yu
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト
プロフィール

taka276

Author:taka276
(有)楠建築設計事務所です。
ぜひホームページも合わせてご覧ください。
http://kusuarc21env.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。