スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・パレのプラネタリウム

こんばんは、Yuです。
夏時間も終わり、1週間のバカンスが始まりました。前期が始まってここまであっという間でした。が、ゼミや授業中に少し発言ができるようになってきました。といっても、先生が「Yuの研究の場合はどうかね?」などと突然話を振ってくるのに答えるスタイルなので、半ば強制的(汗)もうちょっとロング・センテンスで話せると良いなぁ。

さて、バカンス初日の今日は久しぶりにサリーちゃんに会って、夏のアメリカ旅行の話をしてきました。で、まぁ会ってお茶だけというのも少し寂しいので、グラン・パレの一部になっているパレ・ド・ラ・デクーヴェルト(科学技術博物館)にて、プラネタリウムを見てきました。
帰りがけに撮った一枚。
IMG_2075.jpg

午後の混雑しそうな時間に行ったのもアレだったのですが、まぁ親子連れの多いこと、多いこと。外国人観光客よりもフランス人の方が圧倒的に多かったので、寒い屋外で遊ばせる代わりに、こういうところへ子どもを連れて来ているんだろうなと思いました。パリの秋冬の過ごし方なんでしょうね。

チケットを購入してからプラネタリウムの上映まで2時間くらいあったので、その間に展示を見て回りました。
IMG_2068.jpg

展示は結構本格的で、大人も充分に楽しめる内容。むしろ子どもには難しいのではないかという感じもしました。時おりサリーちゃんにレクチャーをしてもらいながら歩いていると、オゾン層の解説パネルと一緒に突如ぬいぐるみが現る。
IMG_2067.jpg

……子ども向けを意識しているのでしょうか?日本人の感覚からすると唐突な印象があるのですが、同時にこの脈絡のなさがフランスっぽいなとも思います(笑)

そうこうしているうちにプラネタリウムの上映時間がやってきました。こういう施設へ行くのは小中学生の時の校外学習以来になります。てっきりオートマティックなアニメーションの上映会を想像していたのですが、何と係員さんがその場でプレゼンテーションをしていく形式でした。映し出された星座の間を、解説用の矢印がグルグルと動き回る。そして時々、視界の外に行ってしまって見えない(笑)

小一時間その調子で、終わってサリーちゃんにちょっと驚いた旨を伝えたら、「私もニューヨークで見たときとは全然違うなと思ったよ!あっちはもっと映画みたいだった。」と言っていたので、二人してカルチャーショックを受けていた模様です。
IMG_2069.jpg

目的のプラネタリウム鑑賞を終えて少し疲れたので近くのカフェへ。体を温めようと、今年初のホットワインをいただきました。
IMG_2073.jpg

帰りがけに通ったセーヌ川。ライトアップされたエッフェル塔が夕闇に映えていました。
IMG_2077.jpg

Yu

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

taka276

Author:taka276
(有)楠建築設計事務所です。
ぜひホームページも合わせてご覧ください。
http://kusuarc21env.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。