スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス語で英語を習う。

こんばんは、Yuです。
前回の更新からかなり時間が空いた上に、新年の1月も下旬になってしまいましたが、2015年初の記事です。
本年も宜しくお願いします。

新年も早々に、こちらは大変騒々しい事態になりました。一時期に比べるとだいぶ落ち着いたものの、日本大使館からは注意報が届いていますし、油断はできません。といっても、自分の身の回りを警戒することしか出来ないのが本当のところなのですが。

さて、私個人は語学学校の新しい講座に通い始めました。
フランス語の授業はずっと受けていますが、差し迫った事情があったことと今後のためにもということで、英語の集中講座を取ることにしたのです。6週間、平日の毎朝というコース。パリの夜明けは朝8時以降なので、まだ暗いうちから授業が始まります。体がなかなか起きてくれなくて、非常に眠い。

英語は中学高校の授業以来まともに勉強していませんでした(汗)もう細かい文法は忘却の彼方で、初日のレベルチェックテストは壊滅的。大学卒業後から勉強を始めたフランス語の方が今やすっかり勝ってしまっています。日常で使う量が違うのだから、当然ですね(苦笑)
一つ単語や熟語を覚えても実践で使えるまでには時間がかかる上、レベルが上がれば上がるほど国語力も要求されるので、つくづく語学習得は容易ではないなと思います。特に成人してからは覚えられなくなってきていると感じています。

肝心の授業内容ですが、先生は基本的に英語で説明をなさいます。しかし、私を除くクラスメイトは全員フランコフォン(フランス語話者。出身国は必ずしもフランスではない。)なので、込み入った解説などはフランス語で行われることが多いです。要するに、母国語が日本語の私からしてみれば、第一外国語で第二外国語の授業を受けているという状況です。

最初の週は、言語の切り替えがなかなか出来なくてかなり疲れましたが、コース前半を終えてようやくペースを掴めてきました。何が大変かと言うと、既習事項を扱っていても中高時代の勉強とはアプローチが全然違うところ。英語で知っている言葉でもフランス語の方が分からなかったり、発音や聞き取りなどの弱点がクラスで1人だけ違ったり。クラスメイト同士で「なんでこういう間違え方をするのだろう?」と不思議に思い合うという状況です(苦笑)

純粋に英語の上達だけを望むならば、英語圏で勉強をするのが一番手っ取り早いのかもしれません。けれども、研究の都合上、英語とフランス語の関連性をある程度把握しておく必要のある自分とっては、今のクラスはとても刺激的な環境です。クラスメイトとの雑談はフランス語になるので、いつも以上にフランス語を話す機会が増えているところもアドヴァンテージ。

一方、ずっと通っているフランス語のクラスにいるイギリス人のお友達、しっかり者のサリーちゃんには、ちゃっかり英語の授業でのスピーチ課題のサポートをお願いしました。幸い快く引き受けてくれるとのことで、非常に助かる上に勉強になるだろうなとワクワクしています。

少しずつ調子が戻ってきたところで、本分の博論の方も頑張って進めようと思う今日この頃です。

Yu
よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

taka276

Author:taka276
(有)楠建築設計事務所です。
ぜひホームページも合わせてご覧ください。
http://kusuarc21env.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。