スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○は突然に…

こんばんは、Yuです。
抱えていたフランス語論文の原稿をフルスロットルで一通り上げました。まだ修正作業は残っていますし、これからまた出てくると思いますが、頭をリセットするためにこの週末は研究活動に関しては一息入れることにしています。

一方で、間もなく引っ越すのでその準備に取りかかっています。
今日は午後からEDF(電力会社)へ出かけて来ました。
電話でも手続きは出来るのですが、専門用語がよく分からなくて自信がなかったので窓口にて契約(名義変更)。
これで来週から本格的に荷物の運び入れが出来ます。ちなみに引っ越しは自力です(家具付き物件の多いこちらでは普通)。

この手続きまでは予定通り。

さて、担当してくれたマダム。
最初は普通に事務的なやり取りをしていました。
住所や電話番号、契約内容の確認等々。

しかし途中から、

「実はうちの息子がね、日本の大学への留学を希望していて日本語の勉強をしているの。テクノロジーをやりたいって言ってるんだけどね。それでね、会話の練習(エシャンジュ)ができる日本人の若者を探しているのよ〜、あなたってそういうの興味あったりする?」

「!!?」

出ました、業務中であろうとプライベートな会話は全然オッケーなフランス的気質。

一瞬、何の話だか分からなくて戸惑いました。
「は?電気と何の関係が?」って感じです。

が、もちろん興味はあるので、マダムの会話に乗ってその旨を伝えると、そのまま一気に具体的な話になり、来週からそのマダムのお宅へ伺うことになりました。

契約書と一緒に彼女の名刺やら個人情報を一緒に渡されました(笑)
マダムは顧客情報欄から私の電話番号を控え、
「○日にYuがviendra(ビヤンドラ=来たる)!」
と自身の携帯にメモ。

エシャンジュの相手って普通はフェットやアノンスを通して探すものだと言われています…。
しかし、あろうことか、電気屋さん。
小田和正の《ラブストーリーは突然に》という歌がありますが、
《エシャンジュは突然に》って感じでした。
人生何が起こるかマジで分からない(笑)

電気屋さんを味方につけておくと頼もしいですし、面白そうなので少し遠いけど行ってみます。

明日は日帰りで出かけて来ます。
先ほど列車の切符を押さえました☆

Yu

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

taka276

Author:taka276
(有)楠建築設計事務所です。
ぜひホームページも合わせてご覧ください。
http://kusuarc21env.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。